どこでも設置可能

ソーラーパネル

太陽光エネルギーは火力発電、水力発電、原子力発電の三大発電とは別に独自の進化を遂げてきた古い発電方法だ。
最近になり、ソーラーパネルの耐久性と発電量が大幅に向上したことで個人でも十分に管理が出来るようになった。
そのため、爆発的に普及している。
オフグリッドという電力会社と契約をしないで自宅で発電した電気だけで生活する活動も生まれている。
環境にやさしい発電方法はいろいろあるが実際に運用するという視点から言えば太陽光発電に匹敵する発電方法はない。
風力発電も古くから行なわれている発電方法だが機材が大掛かりなのと人体に悪影響を及ぼす恐れがあるので個人で運用する人は少ない。
そのため今後も環境エネルギーの中心は太陽光発電になる。

古くから太陽光発電は研究されていますが、まだまだ研究途中と言われている。
毎年のようにその性能は上がり続けていてる。
そのため、製品によっての性能差が如実に表れていて購入するときには注意が必要になる。
購入するときには製品カタログをしっかりと読み込んで多くの製品と比較することが重要になってくる。
太陽光発電はエネルギーを産出するときに太陽の光を必要とするので、日照率が高い地域でないと設置したとしても利益が出ないときがある。
購入して取り付ける場合には事前に業者に日照率や晴天率を計算してもらい具体的に年間どれぐらいの利益が出るのかを計算してもらう必要がある。
環境エネルギーは環境には非常に優しいがまだ研究段階だと言うことを認識しなければならない。