メーカーの比較

宇宙ステーションの太陽光発電

太陽光エネルギーの最も一般的で知名度が高いのは太陽電池によって電気を発電する方法だ。
原子力発電の危険性が認められてから、安全でクリーンな発電方法が模索された結果、太陽光によってエネルギーを得られる太陽電池が活発的に研究された。
他にもヨーロッパでは風力発電が活発に研究され、アメリカではバイオマス燃料が実用化した。
しかし、そのようなクリーンエネルギーの殆どは三大発電の補助的な役割でしかなかった。
日本において太陽電池は三大発電に並ぶ可能性があります。
太陽光パネルの寿命が短いという欠点がありますが、最新の研究では劣化しやすい素材を使わないなどの研究がなされている。
また、エネルギーへの変換効率も年々上昇している。

太陽光パネルの技術は世界と比較しても日本は最先端の技術を持っているが、実際にはまだまだ研究段階だ。
現在一般的に広がっている製品の殆どはシリコンタイプのパネルだが、劣化しやすいという欠点がある。
化合物タイプのパネルも開発されたが一般化するには時間が必要という状況だ。
太陽光発電の弱点は発電量が多くないということだ。
それを解消するために様々な改良が加えられてきたが、それでも発電量は多くない。
そのため、太陽熱も利用できる太陽光パネルの研究が進んでいる。
太陽熱は家庭であれば暖房や温水を作り出すことが出来る。
また、経年劣化しやすいという弱点を補うことが出来ると期待されている。
将来的には自家製の電気だけで完全に暮らせる日が訪れる。